“集客力””専門性”を強めて

​これからも多くの利用者の喜びの声を聞きたい介護事業者様へ

最も求められている2大テーマ

​『認知症予防』『歩行改善』に活躍出来る!

ケアトランポリン

​なぜ、ケアトランポリンが、時代や制度に対応しながら

認知症
予防

歩行改善

楽しさ

に対して効果を上げることが出来るのか?

認知症予防への効果

音楽のみを聴いていただいた時の反応

トランポリンの上下運動をしていただいた時の反応

出典:後藤幸生著「脳が活性化する音楽トランポリン療法」遊戯社

 ​認知症予防には脳内血流の増加が重要 

​認知症の予防に良いと言われているのが”脳内血流”の増加です。国立長寿医療研究センターで認知症予防に良いと言っているコグニサイズも、「頭を使う」+「運動をする」=脳内血流の増加です。

​そんな脳内血流の増加にとても効果があるのが、このケアトランポリンなのです。左の図を見ていただいても分かる通り、通常時からケアトランポリンをすると一目で分かる程、脳の血流が改善されたことがよく分かります。

​これは実際に載っていただくとすぐに体感出来ますが、若い人でも高齢者でも乗った後に頭がすっきりするという感想を述べられる人も非常に多いのが特徴です。

歩行改善への効果

 歩行改善の第一歩は、姿勢の改善 

​歩行改善のまず大きなポイントは、姿勢の改善です。左の写真を見ていただいても分かる通り、不安定な場所に立つためには身体の軸をまっすぐにしなければならないため、ケアトランポリン上ではとても美しい立ち姿勢になります。また身体をサポートするフープの中心を持つことでその姿勢を維持したまま運動が可能になります。

​からだの位置感覚は、内耳にある三半規管で完治され、同時に目や足からも小脳に対してバランス調整を促します。小脳はこれらの情報を総合して地球の重力に抗して転倒しないように働きます。ケアトランポリンの上下の揺れはこのような機能の回復を促すことにつながります。

楽しさへの効果

 "楽しさ"は"口コミ"に貢献します。 

ケアトランポリンの一番の特徴は、”楽しい”ことです。とにかく楽しい。これは導入頂いた施設で必ず頂く言葉です。だからこそ、ケアトランポリンを目的に施設に来られる方も多いですし、他の利用者の方、体験者の方、さらには近所の仲間に声をかけてくれることも良くあります。

そして、この楽しさの素晴らしい点は老若男女関わらず伝わります

また、ケアトランポリンの良い点として”頭がすっきりする”が、すぐに感じられることです。つまり効果を体感出来るんです。

​そうすると『楽しいのに、すぐに効果を感じる』つまり、”人に言いたくなる!”さらに”行き続けたい”という気持ちにもなるため、施設の稼働率アップにも貢献することも間違い在りません。

手すりのない一般的なタイプ

元気な方が運動されたり、フィットネスクラブでの使用においては腕の可動範囲も大きく様々な運動プログラムに合わせやすい特性があります。

​一方、手すりがないことでトランポリンへの昇降時や運動時のふらつきなどで危険が伴います。

前面のみ手すりがあるタイプ

運動不足な方が始めるのに、いざという時の手すりがあるので安心して始められます。色の展開も様々なものがあるので、おしゃれな空間づくりには非常に最適なトランポリンです。

​一方、手すりは前面だけのため姿勢が前傾になりやすいため、いざという時向けの手すりという位置付けです。

​他の安価なトランポリンとの違いは?

ケアトランポリン プレミアム

ケアトランポリンプレミアムは、高齢者の方の運動器具として開発されたため、安全性を高めるため手すりをフープ型で設けています。フープ型手すりにより手の位置を身体の側面にでき、さらにフープがバネによって上下することで正しい立位を維持したままでの運動を可能にします。

 

トランポリンの上下運動は運動負荷も高く姿勢を支える様々な筋肉に作用するため効果が高い器具です。一方で正しい姿勢で行わないと怪我の可能性が高まる危険性もあります。

​利用シーンや対象の方状況に応じて、適切なトランポリンを選んでいただくことが、とても重要となります。

​効果も凄いが、何より楽しい!

Check

その前に

​お客様の声

ご利用者様に大人気です^_^
これを楽しみに来ている方もどんどん増えてきました‼︎
ケアトランポリン素晴らしいです^_^

いままで腰痛がずっとあり、ひどく痛んでいたのですが、ケアトランポリンを使い始めてから、痛みがとても緩和され、毎日腰の調子も良いようです。

社会福祉法人あけぼの会(秋田県)

​センター長 倉田康弘様

80代 介護施設ご利用者様

最初は、要介護のご利用者にトランポリン?という感じでしたが、デイサービスの機能訓練で使っており効果が出てきております。
車椅子の方が、杖歩行が可能になったり、認知症の方で長谷川式スケールの点数が上がってきたり、ご本人やご家族様にも喜ばれています。

住宅型有料老人ホーム(福岡県)

​副施設長 K様

​導入から2週間程度で、利用者様の姿勢が劇的に変わり驚きました。

デイサービス(神奈川県)

​経営者 Y様

後頭部に昔から痛みがあり、悩んでいたのですが、ケアトランポリンを使い始めてから、ふしぎと痛みがなくなりました。また身体がほぐれ血流が良くなったような気がして、身体がポカポカしています。

70代 介護施設ご利用者様

トランポリンが身体に良いということは、昔テレビで見て知っていた。デイサービスでトランポリンを使っていると聞き、すぐに体験したくなりました。たいへん気に入っております。

80代 介護施設ご利用者様

※個人の感想です。効果を示すものではありません。

ケアトランポリン プレミアム

​希望小売価格

198,000(税抜・送料別途)

■全高:1,110mm       ■重量:19.6kg

■フレームの直径:960mm  ■体重制限:100kgまで

■マットの高さ:270mm   ■フレーム:鋼管

■マットの直径:530mm   ■パッド及びマット:ナイロン

■バネの数:24本

■登録商標          ■1年保障

おススメ活用法

​2台

​4〜6台

ケアトランポリンを何台購入するか迷われる方も多いため、実際のケアトランポリンの活用方法を紹介します。

①2台設置

向かい合わせに設置し、利用者同士もしくは片方にスタッフが乗り、しりとりや計算、赤いものを順番に言いながら跳んだり足踏みをします。

​そうすることで、頭を使いながら運動をするデュアルタスクを行なうことが出来るため認知症予防にもつながります。

②4〜6台設置

中心にスタッフを配置し、その周りに利用者を配置します。スタッフが盛り上げながらプログラムを行なう形です。現在人気のデイサービスでは、レッドコード等も個別ではなく、スポーツジムのスタジオプログラムのように行なっています。同様にケアトランポリンも左図のように配置をすると大変盛り上がり継続率が高まります。

​さらに乗り降り以外はスタッフ一人で見れる人数が多いため、他のプログラムとの相性も非常に良いということで、スペースによりますが4~6台を導入される施設がとても多いです。

介護事業のコンサルティングをしてきて

​これほどまでに心を打った機器は初めてでした。

​これまで私は介護事業の経営コンサルタントとして数百の施設を見てきました。そのなかでデイサービスを活性化するために、様々な機器をきっかけとして導入することがありました。それらの機器は、パワリハの機器であれば「リハビリ」、足湯などの機器であれば「癒し」とイメージしやすいものでした。しかし、そこには目的性はありますが、楽しさという観点は薄く、そういうものだと思っていました。

しかし、このケアトランポリンはその概念を初めて取り払う機器でした。

「楽しさ」がまずあり、その上で「歩行改善」と「認知症予防」に良い。しかも個別で淡々と行なうのではなく、プログラムとして盛り上がることも出来る。

これは施設経営を考えた際に、大きな目玉サービスになりうると考えました。

ケアトランポリンは私のコンサルティング人生の中でも最もインパクトを受けた、介護機器であることは間違いありません。。

だからこそ多くの介護施設でケアトランポリンが導入され、笑顔が溢れることを願っています。一部の地域では、効果と表情が認められNHKの番組で取り上げられたケースも出てきました。

ぜひあなたの地域でケアトランポリンを使い、健康づくり、そして楽しさづくりを行なってみてください。

​株式会社ビジテラス

代表取締役 本田新也

ケアトランポリン プレミアム

​希望小売価格

198,000(税抜・送料別途)

■全高:1,110mm       ■重量:19.6kg

■フレームの直径:960mm  ■体重制限:100kgまで

■マットの高さ:270mm   ■フレーム:鋼管

■マットの直径:530mm   ■パッド及びマット:ナイロン

■バネの数:24本

■登録商標          ■1年保障

© 2018 by ビジテラス

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

​お気軽にお電話ください。受付時間 平日10時〜18時